読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四季の詩

自然農や普段の生活を通して感じたことを綴ったブログです。

仕事に復帰しました。

昨年の9月14日の事故で入院してから今月15日に9ヶ月振りに仕事に復帰しました。

一昨年7月に当時勤めていた会社を辞めてから今の仕事につくまでの約4ヶ月を含めるとこの2年間で13ヶ月も仕事をしない時期があったことになる。

今振り返ってみるとこの13ヶ月のブランクは僕のこれまでの人生の中で一番劇的で意味のあるそして充実した時間になったと思う。

特に退院してからの7ヶ月がなければ今こうして能勢で暮らすこともできていなかった。退院してすぐに仕事に復帰していたら恐らくリフォーム作業に一年はかかっていたと思うから本当にこの期間があってよかったとつくづく思う。

何か予定があるようでない時間。ほとんどが自分の思うように過ごせた時間。こんなことはこれまでの人生で初めての経験かもしれない。

そして働いていないので仕事の対価としての収入が当然のごとく一銭もない状況であったことでお金がなくなる不安や怖れ、働くということ、お金というものやその価値などいろんなことを改めて考えるきっかけにもなった。

これも会社を辞めて事故にあったおかげやなあとつくづく思う。

ほんとに人生って何が起こるかわからない。

話は脱線するけど仕事に復帰して1日目の夜に夕飯に食べたものが悪かったのか突然激しい下痢と嘔吐に襲われた。

汚い話で申し訳ないが上からも下からももうこれ以上何も出ませんと言うぐらい思いっきり出た。夜中に何回も吐いてはトイレに行きを繰り返しているうちに朝にはだいぶ気持ち悪さが収まったので仕事に行ったけど仕事中にまた気分が悪くなったので午後から早退させてもらってそれからずっと横になっていた。いつもお世話になっているホメオパスさんからレメディを処方してもらってそれをとりながら次の日が仕事が休みの日だったことも幸いして休んでいたら次第に回復することができた。

大変な思いをしたけど今回突然の体調不良を振り返ってみると良かったと思えることがいくつかあった。

何が今回の体調不良の原因か今もわからないけど恐らく何か身体に良くないものを食べたのだろうけど自分の身体がちゃんと身体に入れてはいけないものに反応(機能)してそれを排除してくれていることを改めて感じてそれを有り難く感じたこと。身体の中の余計なもの(不要なもの)が全部出たような感じがして身体も気持ちもスッキリした感じになったこと。食べるもの(身体に入れるもの)、食べる量、食べ方を見直すきっかけになったこと。何もせずに1日半横になれたこと。ここで過ごす夜の不安や怖さが和らいだこと。(ここで暮らすことをこの場所に少し受け入れてもらえたように感じられた)などなど。

今回は体重も2~3キロ減ったけど普段あまりできないデトックスができたのが一番良かったのかも知れない。

回復してからは食事がとても美味しく感じることもできて次の日から仕事も普段通りに出来ています。

また貴重な体験ができた仕事復帰になりました。 

 

(写真は仕事場の畑から見える僕の好きな風景)